男女

糖尿病にならないように日頃の行ないを改めよう

生活習慣の見直し

ドクター

食事と運動療法

すぐに命に危険が及ぶ訳ではありませんが、糖尿病を放置しておくと身体の至るところに支障が出てしまいます。膝から下が壊死してしまい、足の切断を余儀なくされることもあります。大切なことは、糖尿病と診断された後に生活スタイルを見直すことです。40歳を超えると、基礎代謝が大幅に落ちると言われています。若い頃と同じように食べていれば、体重が増えて血液が粘ってしまいます。それこそが糖尿病の要因で、一日のカロリー摂取を抑えることが大切なのではないでしょうか。これまで牛肉を食べていたのであれば、鳥のササミや野菜を中心にした食事にして下さい。食後の血糖値の上昇を防ぐには、適度な運動を続けるのも効果的でしょう。無理のないレベルで良いので、継続させることが大切です。

セルフチェックの重要性

糖尿病は病気の中でも、自ら気付くことが出来る数少ない病気です。極端に尿の量が増えると要注意ですし、尿からいつもと違うにおいがすれば疑ってみて下さい。体重の減少も危険ですし、週に一度は体重を測る習慣を付けて下さい。重度の糖尿病と診断されると、食事の前にインシュリン注射を行うことになります。医師や看護師がレクチャーしてくれるので、慣れると自ら注射を打つことが出来ます。糖尿病の改善には医師の存在が非常に重要となります。治療に効果的な薬剤の処方も大事です。また、特に食事制限については医師の指導を受けることが求められます。個人での制限よりプロの目線から制限した方が良いのです。

最新の免疫療法

医者

NK療法はがん患者の血液を採取し、その中のNK細胞を培養して体内へ戻すことで、がん細胞を攻撃させる治療法です。NK細胞は生まれつき異物を攻撃する性質を持っており、他の免疫療法が効かない患者にも適用されます。

View Detail

更年期障害にお悩みの方へ

医者と看護師と患者

大豆イソフラボンは腸内でエクオールに変わることにより、より大きな健康効果を発揮しますが、食習慣などの影響でエクオールを自分では作れない体質の方もいます。エクオールが作れるかどうかはクリニックで検査できます。

View Detail

副作用の少ない治療法です

ナース

NK細胞療法は、がん細胞などを攻撃する免疫細胞のNK細胞を使った治療法で、副作用が出にくく、多くの人が利用できるというメリットがあります。また、この治療法は、手術や抗がん剤治療など、他のがん治療と組み合わせることで効果を上げることができるので、これからさらに需要が増えることでしょう。

View Detail