ナース

糖尿病にならないように日頃の行ないを改めよう

更年期障害にお悩みの方へ

医者と看護師と患者

腸内細菌の働き

更年期障害の最大の原因は、女性ホルモンのひとつエストロゲンの減少であると考えられます。大豆に多く含まれるイソフラボンは、体内でエストロゲンと同様の働きをするため、更年期障害を改善するほか、骨粗鬆症の予防にも効果的とされています。ただしイソフラボンを大量に摂取しても、あまり効果がない方もいます。イソフラボンはそのまま吸収されると作用は小さく、腸内でエクオールという成分に変わると大きな健康効果を発揮します。イソフラボンからエクオールを作るのは腸内細菌の一種ですが、エクオール産生菌はすべての人の腸内に住んでいるわけではありません。日本人のうち約半数は、自分の腸内でエクオールを作ることができないと言われています。

クリニックで検査

欧米ではエクオール産生菌を持っている人が2〜3割しかいないとされています。これは食習慣の違いが影響していて、大豆をはじめ野菜や緑茶を多く摂取する人は、エクオールを作れることが多いと考えられています。日本人でも年齢が若いほどエクオールを作れる人の数は減少する傾向があり、10代では欧米と同程度にまで下がっているというデータがあります。エクオールは更年期のイライラ・不眠・のぼせなどを緩和するだけでなく、肌を若々しく保つ効果も期待できる成分です。大豆イソフラボンだけで効果を実感できない方は、サプリメントで摂取することを考えても良いでしょう。エクオールが作れる体質かどうかは、クリニックで検査することができます。