ナース

糖尿病にならないように日頃の行ないを改めよう

副作用の少ない治療法です

ナース

NK細胞療法は、免疫療法の一種で、ウィルスに感染した細胞やがん細胞などを攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞を使った治療法です。この方法では自分の免疫細胞を使うため、副作用が出にくく、基本的にはどんな人でも利用することができるということで、注目を集めています。ただ、NK細胞療法は、まだ研究の途中であり、抗がん剤治療のように殆どの病院で行われているような一般的な治療ではありません。そのため、これを行う医療機関は限られているので、この治療法を希望する場合には、免疫療法を行っていて実績を上げているようなクリニックを選ぶことが大切と言えます。また、この方法をがんの治療法として行う場合は、単独ではなく、化学療法などと組み合わせることが多いということも、考えておいた方が良いでしょう。

NK細胞療法の流れとしては、血液を採取し、その血液の中のNK細胞を培養技術によって増殖させた上で、静脈から患者の体内に戻すということになります。そして、このような方法なので痛みや危険性の心配もなく、体力のない人や、がんが進行した患者でも利用することが可能です。さらに、NK細胞療法は、がん治療において他の治療法と組み合わせて利用することで、効果を上げることができると言われています。例えば、手術の後にこの治療法を使えば、手術のために落ちてしまった免疫力を増大させ、再発を防止する働きが期待できます。また、抗がん剤治療と組み合わせれば副作用を軽減できますし、放射線治療と併用すれば放射線で弱まったがん細胞に作用して、これの力をさらに弱めることが可能となります。以上のようにNK細胞療法は、がん治療においても貴重な働きをしているので、今後ますます需要が増えることが予想されます。